1. HOME
  2. 講演会・出展者ワークショップ
  3. 詳細情報

講演会【事前申込制 整理券を発行します】

定員となりました。当日、席に余裕がありましたらご聴講いただけます。
NO.12 11月25日(木) 11:30~12:20
会場:セミナー1
球磨川周辺の構造物被害
~構造物の損傷、破壊メカニズム~ 
協力:熊本大学
photo
熊本大学 教授 松村 政秀 氏
令和2年7月豪雨では、多数の人命が失われるとともに、土砂災害、河川氾濫、堤防の決壊による広範囲の浸水、橋梁流失などの甚大な構造物被害が生じた。
ここでは、芦北町や津奈木町における土砂災害に伴う住宅および人的被害、球磨川上流域の農地の被災状況、球磨川流域の橋梁の被害状況に関する調査結果、および、それらから示唆された教訓や課題として、土砂災害警戒区域と土石災害リスクを踏まえた住民の生存確率を上げるための対策、山林から農地への土砂流入の原因を踏まえた農地利用のあり方、橋梁の流失・損傷メカニズムを踏まえた今後の橋梁のあり方に関する検討事例を紹介する。

「来場事前登録」がお済みでない方は、先に「来場事前登録」をお済ませください。

© s-kumamoto All right reserved.